戸田整形外科リウマチ科クリニック

診察予約・お問合せは 06-6387-4114
受付時間 | 9:30〜12:30(月-土) 15:30〜18:30(月-水,金)

平成28年8月13日現在論文業績achievements

Profile

氏名 戸田 佳孝
ふりがな とだ よしたか
生年月日/出生地 昭和35年4月28日 大阪府生まれ
現職 戸田整形外科リウマチ科クリニック院長
勤務先住所 大阪府吹田市豊津町14の1

学歴

昭和61年3月 関西医科大学卒業
平成04年3月 関西医科大学大学院(整形外科)卒業、博士号習得

職歴

昭和61年5月 関西医科大学整形外科学教室入局
平成04年4月 関西医科大学整形外科助手
平成09年3月-8月 米国タフツ大学老年医療研究所客員助教授
平成10年5月―現在 戸田整形外科リウマチ科クリニック院長
平成11年4月―13年3月 関西医科大学整形外科学教室非常勤講師
平成25年4月~現在 大和大学整形外科非常勤講師

加入学会

  • 日本整形外科学会々員(専門医)
  • 米国リマチ学会
  • 国際変形性関節症学会
  • 日本リウマチ学会々員(評議員、指導医)
  • 日本臨床リウマチ学会(評議員)
  • 日本関節病学会(評議員)

賞罰

平成15年度日本整形外科学会学会奨励賞(臨床研究)
対象論文名:Toda Y, Segal N. Usefulness of an Insole with subtalar strapping for analgesia in patients with medial compartment osteoarthritis of the knee. Arthris Rhem 47:468-473, 2002
平成20年度関西医科大学同窓会 和田喜代子賞
対象論文:Toda Y, Tsukimura N. Influence of concomitant heeled footwear when wearing a lateral wedged insole for medial compartment osteoarthritis of the knee. Osteoarthritis Cartilage 16 244-253 2008
 

特許

特許名:Device and method for treating arthritis of knee, 特許番号:US 6,585,674 B2 (米国特許), 発明者:Yoshitaka Toda, 特許権所有者:Yoshitaka Toda

英文

Books:

  • 3. Segal N, Toda Y: Application of body composition assessment to the association between obesity and knee osteoarthritis  Body Mass Index:New Research (ed by Linda A. Ferrera ) Nova Science Publisher Inc (Washinton DC) 181-208, 2007
  • 2. Toda Y: Relationship between HLA-DRB1-DQB1 haplotypes and effect of chicken cartilage soup containing type II Collagen on rheumatoid arthritis. Mechanical loading of bones and joints (ed by Takahashi HE) Springer-Verlag (Tokyo) 197-205,1999
  • 1. Toda Y: The effect of anesthetic agents. Hand book of spinal cord monitoring (ed. by Jones SJ) BMJ press (London) 433-437, 1992

Original articles:

  • 24. Toda Y, Tsukimura N : A comparison of intra-articular hyaluronan injection accuracy rates between three approaches based on radiographic severity of knee osteoarthritis.Osteoarthritis Cartilage. 16 980-985, 2008
  • 23. Toda Y, Tsukimura N. Influence of concomitant heeled footwear when wearing a lateral wedged insole for medial compartment osteoarthritis of the knee. Osteoarthritis Cartilage 16: 244-253, 2008
  • 22. Toda Y, Tsukimura N: A 2-year follow-up of a study to compare the efficacy of lateral wedged insoles with subtalar strapping and in-shoe lateral wedged insoles in patients with varus deformity osteoarthritis of the knee. Osteoarthritis Cartilage 14 :231-237,2006
  • 21. Segal N, Toda Y: Absolute reduction in lower limb lean body mass in Japanese women with knee Clin Rheumatol 11: 245-249, 2005
  • 20. Toda Y, Tsukimura N, Segal N: An optimal duration of daily wear for an insole with subtalar strapping Cartilaege in patients with varus deformity osteoarthritis of the knee. Osteoarthritis 13: 353-360, 2005
  • 19. Toda Y, Tsukimura N: A Six month follow-up of a randomized trial comparing the efficacy of a lateral- wedged insole with subtalar strapping and an in-shoe lateral-wedged insole in patients with varus deformity osteoarthritis of the knee. Arthritis Rheum 50 3129-3136 2004
  • 18. Toda Y, Tsukimura N: A comparative study on the effect of the insole materials with subtalar strapping in patients with medial compartment osteoarthritis of the knee. Mod Rheumatol 14 459-465 2004
  • 17. Toda Y, Tsukimura N, Kato A: The effects of different elevations of laterally wedged insoles with subtalar strapping on medial compartment osteoarthritis of the knee. Arch Phys Med Rehabil 85:673-677,2004
  • 16. Takemura S, Toda Y, Goronzy JJ, Weyand CM, Ogawa R, Iida H: HLA-DRB1 haplotype did not affect the medium-term results of total knee arthroplasty in patients with rheumatoid arthritis. Mod Rheumatol 14:37-42, 2004
  • 15. Toda Y, Kato A, Tsukimura N. Dynamic effect of an elastically strapped lateral wedged insole on the subtalar joint in convenient foot print analysis using facsimile paper. Mod Rheumatol 13:215-219, 2003
  • 14. Toda Y, Segal N: Usefulness of an Insole with subtalar strapping for analgesia in patients with medial compartment osteoarthritis of the knee. Arthris Rhem 47:468-473, 2002
  • 13. Toda Y: Impact of waist/hip ratio on the therapeutic efficacy of lumbosacral corset for chronic muscular low. J Orthop Sci 7: 644-649, 2002
  • 12. Toda Y, Segal N, Kato A, Yamamoto S, Irie M: Correlation between body composition and efficacy of lateral wedged insole for medial compartment osteoarthritis of the knee. J Rheumatol 29: 541-545, 2002
  • 11. Toda Y: The effect of energy restriction, walking, and exercise on lower extremity lean body mass in obese women with osteoarthritis of the knee. J Orthop Sci 6:148-154, 2001
  • 10. Toda Y, Segal N, Kato A, Yamamoto S, Irie M: Effect of a novel insole on the subtalar joint of patients with medial compartment osteoarthritis. J Rheumatol 28: 2705-2710, 2001.
  • 9. Toda Y, Segal N, Toda T, Morimoto T, Ogawa R: Lean body mass and body fat distribution in the participants with chronic low back pain. Arch Intern Med 160:3265-3269, 2000
  • 8. Toda Y, Segal N, Toda T, Kato A, Toda F: A decline in lower extremity lean body mass per body weight is characteristic of women with early phase osteoarthritis of the knee. J Rheumatol 27: 2449-2453, 2000
  • 7. Toda Y, Kobayashi T: The usefulness of walking for preventing sarcopenia in dieting postmenopausal women coplaining of knee pain. Ann NY Acad Sci 904: 610-613, 2000
  • 6. Toda Y, Toda T, Takemura S, Wada T, Morimoto T, Ogawa R: Change in body fat, but not body weight or metabolic correlates of obesity is related to symptomatic relief of obese knee osteoarthritis patients after a weight control program J Rheumatol 25: 2181-2186 1998
  • 5. Wakitani S, Imoto K, Murata N, Toda Y, Ogawa R, Ochi T: The homozygote of HLA-DRB1*0901 not its heterozygote, is associate with rheumatoid arthritis in Japanese Scand J Rheumatol 27: 381-382, 1998
  • 3. Wakitani S, Murata N, Toda Y, Ogawa R, Kaneshige T, Nishimura Y, Ochi T: The relationship between HLA-DRB1 alleles and disease subsets of rheumatoid arthritis in Japanese. Rheumatol (Oxford) 36: 630 -636, 1997
  • 4. Yukioka M, Wakitani S, Nurata N, Toda Y, Kaneshige T, Ogawa R: Elderly-onset rheumatoid arthritis and its association with HLA-DRB1 alleles in Japanese. Rheumatol (Oxford) 37: 98-101, 1998.
  • 2. Toda Y, Takemura S, Komuro H, Ono H, Tanabe T, Nakagawa T, Morimoto, T Ogawa R: Relationship between duration of rheumatoid arthritis prior to knee joint surgery and HLA-DRB1 alleles: a retrospective study. J Rheumatol 24: 2304-2307, 1997
  • 1. Toda Y, Minamikawa Y, Akagi S, Sugano H, Mori Y, Nishimura H, Arita S, Sugino Y, Ogawa R: Rheumatoid-susceptible alleles of HLA-DRB1 genetically recessive to non-susceptible alleles in the progression of bone destruction in the wrists and fingers of patients with RA. Ann Rheum Dis 53: 587-592, 1994

和文著書

著書:

  • 18.戸田佳孝:10秒の痛みとりポーズでひざ痛・腰痛はみるみる消せる(発行者 安藤卓)、PHP研究所(京都)、第1版2017年11月20日発行
  • 17. 戸田佳孝:ラジオ体操は65歳以上には向かない、太田出版、第1刷2016年3月1日発行
  • 15. 戸田佳孝:腰痛はヤンキー座りで治る、マキノ出版、東京、第1刷2015年5月15日発行
  • 14.戸田佳孝:装具療法の適応と工夫.整形外科外来診療の実際.:38-39頁.藤野圭司編集.中山書店,東京,2014
  • 13.戸田佳孝:整形外科とサプリメント,栄養指導.整形外科外来診療の実際.:88-89頁.藤野圭司編集.中山書店,東京,2014
  • 12.戸田佳孝:関節リウマチのリハビリテーション.今日の治療指針2014年度版:1023頁.福井次矢、高木誠、小室一成編集.医学書院,東京,2014
  • 11.戸田佳孝: ひざ痛の97%は手術なしで治せる(発行者:梶山正明)マキノ出版(東京),第1刷,2014年1月15日
  • 10:戸田佳孝:9割のひざの痛みは自分で治せる.(発行者:安部毅一) 中経出版(東京),第1刷,2012年7月2日
  • 9: 戸田佳孝:18章.整形外科疾患. 関節穿刺術.今日の治療指針2012.(山口徹,北原光夫,福井次矢編) 医学書院(東京),890-891,2011
  • 8. 戸田佳孝:11章.整形外科的疾患.肥満症診断基準2011.(中尾一和編)協和企画(大阪)63-65,2011
  • 7. 戸田佳孝、菅俊光:関節内注射.運動器の痛みプライマリーケアシリーズ⑥膝と大腿の痛み(菊地臣一編)南江堂(東京).116-123,2012
  • 6. 戸田佳孝、月村規子、槻浩司:変形性膝関節症 に対する減量療法. 運動器慢性疾患に対する運動療法(黒澤尚編)金原出版(東京).192-196, 2009
  • 4. 戸田佳孝、月村規子:6.変形性膝関節症.1)戸田 クリニックでの実践.運動器の痛みとその治療(菊地臣一編) 真興交易(東京)609-619, 2007
  • 3. 戸田佳孝、月村規子:8-A変形性膝 関節症.距骨下関節固定付き足底板に関する 最近の知見. プライマリーケアのための整形外科疼痛マニュアル.(菊地臣一編)金原出版(東京)290-295, 2007
  • 2. 戸田佳孝:運動療法-継続 してもらうための工夫を中心に- NEW MOOK 整形外科17(越智隆弘、菊地臣一編)金原出版(東京)226-232, 2005
  • 1. 戸田佳孝: 関節疾患. 高齢者の疾病と栄養改善へのストラテジー-エビデンスに基づく対策とチームワーク-(斎藤昇、高橋龍太郎編)第一出版(東京)307-311,2002

原著:

  • 126.戸田佳孝:変形性膝関節症に対するホームエクササイズを併用したヒアルロン酸関節内注射の1週ごとと2週ごとの効果比較.臨整外.53:251-255,2018
  • 125. 戸田佳孝:変形性膝関節症に対するホームエクササイズを併用したヒアルロン酸関節内注射の1週ごとと2週ごとの効果比較.臨整外.53:251-255,2018
  • 124.戸田佳孝:変形性膝関節症に対する足部外がえし訓練と外側楔状足底板の併用効果.整形外科.69:12-15,2018
  • 123.戸田佳孝:変形性膝関節症に対する水平足踏みの治療効果.整・災外.61:437-441,2018
  • 122.戸田佳孝:変形性膝関節症と運動習慣の種類が水平足踏みの能力に与える影響.日本医事新報. 日本医事新報 4879号:43-46,2017
  • 121 戸田佳孝:50歳以下の健常者における床に座り,床から立つ能力と肩,腰,膝の痛み経験との関連性.臨整外.52:775-779,2017
  • 121 戸田佳孝:50歳以下の健常者における床に座り,床から立つ能力と肩,腰,膝の痛み経験との関連性.臨整外.52:775-779,2017
  • 120戸田佳孝:変形性膝関節症に対する足関節捻挫用サポーター併用外側楔状足底板の男女での使い分けについて.整形外科.68:957-961,2017
  • 19. 戸田佳孝:家庭用体重計を用いて計測した変形性膝関節症患者の伸展筋力。第2報:椅子に座って計測した結果.日本医事新報. 4861:42-44,2017
  • 118.戸田佳孝:変形性膝関節症に対する膝関節伸展訓練に股関節内転および外転訓練を追加した場合の効果.整形・災害外科. 60:813-817,2017
  • 117. 戸田佳孝:ラジオ体操に含まれる跳躍運動動作ができない変形性膝関節症患者の特徴.整形外科.67:1041~1043,2016
  • 116.戸田佳孝:就寝時に疼痛を感じる変形性膝関節症患者に対する家庭用体重計を用いた膝伸展訓練の効果.臨床整形外科.51:669-673,2016
  • 115.戸田佳孝:アンケート調査による変形性膝関節症に対する健康補助食品の治療必要量.整形・災害外科. 59:1255-1258,2016
  • 114.戸田佳孝、寺林有美子:起立時疼痛を感じる変形性膝関節症患者に対するスクワット運動の効果、整形・災害外科.59:329-333,2016
  • 113.戸田佳孝:慢性非特異的腰痛症患者に対する骨盤周囲筋の簡単なストレッチによって改善する日常生活動作.臨床整形外科. 50:579-584,2015
  • 112.戸田佳孝:芍薬甘草湯が変形性膝関節症患者の腓腹筋の筋硬度に与える影響.整形外科.66:521-524,2015
  • 111.戸田佳孝、月村規子:変形性膝関節症に対する痛点ストレッチと体重計を用いた膝伸展トレーニングの併用効果.整・災外.58:345-350,2015
  • 110戸田佳孝:変形性膝関節症患者の家庭用体重計で計測した伸展筋力と日常生活動作の困難度との関連性.整形外科.66:101-104,2015
  • 109.戸田佳孝、月村規子:家庭用体重計を用いた膝伸展トレーニングによって改善する変形性膝関節症の日常生活動作.整・災外57:1761-1766,2014
  • 108.戸田佳孝:保存療法抵抗性の変形性膝関節症患者の日常生活動作困難度とヘモグロビンA1cとの関連性.整形外科.65:928-931,2014
  • 107. 戸田佳孝:変形性膝関節症患者のHbA1cとADL困難度との関連性.日本医事新報.4704号:42-45,2014
  • 106. 戸田佳孝:メタボリック・シンドロームの合併が変形性膝関節症の保存的治療に与える影響.整形・災害外科.57:1059-1063,2014
  • 105.戸田佳孝:変形性膝関節症患者に対するプレガバリンの効果とヘモグロビンA1cとの関連性.臨床整形外科.49:559-562,2014
  • 104 戸田佳孝:変形性関節症に対する靴中敷型全長性外側楔状足底板に足関節捻挫用サポーターを併用した場合の臨床効果.日関病誌. 33:7-12,2014
  • 103.戸田佳孝:変形性膝関節症に対する採型した外側楔状足底板は1年経過すると効果が減弱する.臨床整形外科.48:913-918,2013
  • 102.戸田佳孝、月村規子:変形性膝関節症に対するDuke Simpson装具に軟性支柱は必要か.整形外科.64:515-519,2013
  • 101. 戸田佳孝、月村規子:変形性膝関節症に対する靴中敷型足底板に横アーチパッドの併用は有効か?整・災外56:777-782,2013
  • 100. 戸田佳孝、月村規子:変形性膝関節症患者のための家庭用体重計を用いた膝伸展筋力測定法.日本医事新報 4643:37-39,2013
  • 99. 戸田佳孝、月村規子:家庭用体重計を用いた女性変形性膝関節症患者の大腿四頭筋筋力測定の有用性について.臨整外.48:67-71,2013
  • 98. 戸田佳孝、月村規子:運動習慣を持たない女性変形性膝関節症患者に対する簡易型筋力測定装置を用いた大腿四頭筋訓練の有用性について.運動・物理療法 23:308-313,2012
  • 97.戸田佳孝、月村規子:変形性膝関節症に対するサポーターの効果を持続させるための工夫-パッド付きデュークシンプソン型サポーターの考案-.運動・物理療法 23:295-301,2012
  • 96.戸田佳孝、月村規子:神経根性疼痛を伴った腰痛に対する外来診察室で行う超音波ガイド下仙骨硬膜外ブロックの効果.整形・災害外科. 55:1255-1259,2012
  • 95.戸田佳孝:デジタルX線画像装置の心胸郭比測定機能を応用した骨粗鬆症診断法.日本医事新報 4601:78-80,2012
  • 94.戸田佳孝:変形性膝関節症による関節水症に対する穿刺排液の適応基準.-第2報-日臨整誌 37:1-6,2012
  • 93.戸田佳孝、月村規子:変形性膝関節症に対するサポーターの効果を持続させるための工夫-パッド付きデュークシンプソン型サポーターの考案-.運動・物理療法 23:295-301,2012
  • 92.戸田佳孝,月村規子、槻浩司:内側型変形性膝関節症患者に対する内側パッド付きベルト型サポーターの効果 臨整外 47:597-602,2012
  • 91. 戸田佳孝,月村規子:変形性膝関節症患者に対するパッド付きサポーターの効果と超音波診断装置を用いた半月板脱出度との関連性 整形外科 63:1027-1031,2012
  • 90:戸田佳孝,月村規子:関節リウマチの顎関節に対する関節内注射時のパワードプラ超音波画像を用いたモニタリングの試み.臨床リウマチ 24:58-63,2012
  • 89.戸田佳孝:変形性膝関節症患者に対するエコーモニタリングを用いた内側半月板の突出を伴った内側側副靭帯へのステロイド注射の効果.日関病誌 30:537-543,2011
  • 88.戸田佳孝:変形性膝関節症に対する超音波検査での内側側靭帯の偏位を伴った内側半月板突出所見と臨床症状との関連性.運動・物理療法 22:436-441,2011
  • 87.月村規子,戸田佳孝,槻浩司:外反母趾に対する母趾牽引バンド付きアーチパッドの効能について 臨整外 46:867-873,2011
  • 86.戸田佳孝:変形性膝関節症による関節水症に対する穿刺排液の適応基準-超音波診断装置による計測-日臨整誌 36:453-458,2011
  • 85.戸田佳孝,月村規子,槻浩司:膝関節水腫穿刺後の軟性装具固定による水腫再発抑制効果-超音波診断装置による計測-整形外科 62:1064-1068,2011
  • 84.戸田佳孝,月村規子,槻浩司,増田研一:変形性膝関節症に対するロフルトランド杖の効果.日本医事新報 4545号 86-89, 2011
  • 83. 戸田佳孝:変形性膝関節症に対するヒアルロン酸関節内注射時の超音波画像を用いたモニタリングの有用性について.日臨整誌 36:77-80,2011
  • 82.  戸田佳孝、月村規子、槻浩司: 外反母趾を伴ったRAの有痛性足底胼胝症状に対する横アーチ補高装具の効果―超音波所見と臨床改善度 臨床リウマチ 23:48-54,2011
  • 81.戸田佳孝:変形性膝関節症に対する超音波監視下の外側と内側アプローチによる関節内注射の利点と欠点について.日関外誌 30:43-49,2011
  • 80. 戸田佳孝、月村規子、槻浩司:変形性膝関節症患者に対するベルト型サポーターの装着―緊張度と治療効果の検討.臨整外 46:243-248,2011
  • 79.戸田佳孝:変形性膝関節症に対するヒアルロン酸関節内注射時の超音波画像を用いたモニタリングの有用性について.日臨整誌 36:8-11,2011
  • 78.槻浩司、戸田佳孝、月村規子:変形性膝関節症患者の日常活動性に対する2種類のサポーターの効果比較.PTジャーナル 44:1027-1031,2010
  • 77. 槻浩司、戸田佳孝、月村規子:症候性変形性膝関節症患者の両下肢に吊り下げ型足底板を装着させる意義―重心動揺性からの考察―.整形・災害外科.53:1064-1068,2010
  • 76. 戸田佳孝、月村規子、槻浩司:片側性変形性膝関節症患者に膝装具を両側と片側のみに装着させた場合の臨床効果比較.日関外誌 29:223-229,2010
  • 75. 戸田佳孝、佐藤宗彦: RAに対する滑膜切除術後のインフリキシマブ増量投与による再発抑制効果.日本医事新報 4489号 62-64,2010
  • 74. 戸田佳孝、月村規子、槻浩司:変形性膝関節症患者に対する吊り下げ型足底板と膝軟性装具の適応の差異について.整形外科61:1175-1179,2010
  • 73. 戸田佳孝:三種類のステロイド注射剤の変形性膝関節症の鵞足滑液包炎に対する効果の差―triamcinolone 供給中止による経験―日臨整誌 35:1-7,2010
  • 73.戸田佳孝、月村規子:変形性近位指節間関節症に対するアイシング処置後のヒアルロン酸関節内注射の効果.整形外科61:513-517,2010
  • 72. 戸田佳孝、月村規子、槻浩司:関節リウマチによる中足骨趾節間関節症患者の足底分圧に対する足関節吊り下げ型アーチパッドの効果について.臨整外.45:355-360,2010
  • 71. 戸田佳孝、月村規子、槻浩司:片側変形性膝関節症患者の両側膝に軟性装具を装着させる意義-重心動揺からの考察-整形外科.61:57-61,2010
  • 70.戸田佳孝:1日の大半をコンピューター作業に従事している労働者に発症する上腕骨外側上顆炎に対する装具療法の効果.日本肘関節学会雑誌15:166-169,2009
  • 69. 戸田佳孝、月村規子、加藤章子、槻浩司:変形性膝関節症へのetodolacとloxoprofen sodiumの入れ替え投与と副作用抑制効果.医事新報.4454号:62-64,2009
  • 68. 戸田佳孝、月村規子、槻浩司:関節リウマチによる中足骨趾節間関節症患者の姿勢動揺に対する足関節吊り下げ型アーチパッドの効果について.臨床リウマチ.21:243-248,2009
  • 67. 戸田佳孝、月村規子:変形性膝関節症に対する鵞足滑液包へのステロイド注射とヒアルロン酸関節内注射の併用効果. 整形外科 60:523-327, 2009
  • 66.  戸田佳孝、月村規子、加藤章子、槻浩司: 変形性膝関節症患者の罹患年数に応じたCOX-2阻害薬の適応.日本医事新報44437号 62-64, 2009
  • 65. 戸田佳孝、月村規子:変形性膝関節症で鵞足に圧痛のある患者の頻度とその特徴.
  • 64. 戸田佳孝、月村規子、槻浩司:変形性膝関節症患者の膝くずれ症状 整・災外 52:311-315, 2009
  • 63. 戸田佳孝: 変形性膝関節症に対する装具療法ー軟性膝装具と足関節吊り下げ型足底板との併用効果ー日関病誌 28:93-99,2009
  • 62. 戸田佳孝、月村規子、加藤章子: 高齢者変形性膝関節症へのセレコキシブ投与とヒアルロン酸関節内注射の併用効果.日本医事新報4394号 74-76, 2008
  • 61.戸田佳孝、月村規子:関節リウマチの中足骨趾節間関節症に対するアーチサポート装着時に併用する足関節吊り下げバンドの効果について.臨床リウマチ 20: 137-142, 2008
  • 60. 月村規子、戸田佳孝、加藤章子、 槻浩司: 上腕骨外上顆炎患者に対する中指伸展制御付き手関節バンドの至適装着方法. 整・災外 51: 343-348, 2008
  • 59. 戸田佳孝、月村規子: 足底筋膜炎に対する足関節吊下げ型内側および外側アーチサポートの効果 整形外科 59: 229-234, 2008
  • 58. 戸田佳孝、月村規子、加藤章子、 槻浩司: 足関節吊下げ型内側および外側アーチサポートの立位単純X線像に与える影響. 整・災外 51: 343-348, 2008
  • 57. 戸田佳孝、月村規子: 高さ2cmの靴ヒールさえ変形性膝関節症に対する中敷型足底板の臨床効果を減退させる.膝 32: 13-16, 2007
  • 56戸田佳孝、月村規子: 重症変形性膝関節症に対する30度膝屈曲位での関節裂隙直接注射の効果. 医事新報 4350号 69-72, 2007
  • 55. 戸田佳孝、月村規子: 上腕骨外上顆炎に対する中指伸展制御付き手関節バンド装着による不快症状と治療効果. 整形外科 58: 1421-1427, 2007
  • 54 戸田佳孝、月村規子: 上腕骨外上顆炎に対する中指伸展制御ストラ付き手関節バンドによる治療後3ヶ月の追跡調査結果について.日本義肢装具学会誌 23 159-162, 2007
  • 53 月村規子、戸田佳孝: 上腕骨外上顆炎患者に対する装具療法の至適使用時間について.臨床スポーツ医学 24: 349-353, 2007
  • 52 戸田佳孝、月村規子: 変形性遠位指節間関節症に対する五弦バンジ演奏爪を用いたアライメント矯正装具の効果. 整形外科 58: 335-340, 2007
  • 51 戸田佳孝、月村規子: 指節間関節の加齢性橈尺偏位と症候性変形性手指関節症との関連性. 整形外科 58 131-134, 2007
  • 50 戸田佳孝、月村規子: 初期関節リウマチの中足骨趾節間関節症に対する足関節吊り下げ型内側楔状足底板の効果. 整・災外 49: 1435-1439, 2006
  • 49 月村規子、戸田佳孝: 上腕骨外上顆炎に対する新型装具の紹介. PTジャーナル 40: 1049-1054, 2006
  • 48. 戸田佳孝、月村規子: 変形性膝関節症に対する距骨下関節ストラップ付き足底挿板とヒアルロン酸関節内注射の併用 療法の効果について. 運動・物理療法 17: 334-340, 2006
  • 47. 戸田佳孝、月村規子、加藤章子: 上腕骨外上顆炎に対する新しい装具療法. 医事新報 4302号 73-76 , 2006
  • 46. 月村規子、戸田佳孝: テニス肘患者の主観的受傷機転と装具療法の効果の関連性について. 臨床スポーツ医学 23: 1263-1268, 2006
  • 45. 月村規子、戸田佳孝: テニス肘に対する中指伸展制御付き手関節バ ンドの効果について. 臨整外 41: 561-565, 2006
  • 44. 戸田佳孝、月村規子: 距骨下関節固定付き足底板の改良中の失敗作について. 日臨整会誌 30: 135-140, 2005
  • 43. 月村規子、戸田佳孝: 60歳代女性で発症する変形性膝関節症 の身体的特徴について. 臨整外 40: 1293-1298, 2005
  • 42. 戸田佳孝、月村規子: 高齢女性の変形性膝関節症患者に対する足関節固定付き足底板の効果 臨整外 39 1397-1402, 2004
  • 41. 戸田佳孝、月村規子:高齢男性の変形性膝関節症患者に対する距骨下関節吊り下げ式足底板 の効果. 整形外科 55: 1539-1542, 2004
  • 40. 戸田佳孝、月村規子、加藤章子:肥満症患者に歩行運動を指導する際の変形性膝関節症への対策について.日本医師会雑誌 131:947-952,2004
  • 39. 戸田佳孝、月村規子:内反変形を伴う変形性膝関節症に対する距骨下関節固定付き足底板の効果―プラセボ群との比較―.日本義肢装具学会誌 20:42-47,2004
  • 37. 戸田佳孝、月村規子、加藤章子:腰痛症に対する間欠的牽引の筋電図学的効果について.整形外科 54:1378-1384,2003.
  • 38. 戸田佳孝、月村規子:腹側から背側への伸展バンド付きコルセットが腰痛患者の腹腔外圧に与える影響について.日本義肢装具学会誌 20:90-94,2004
  • 35. 戸田佳孝、月村規子、加藤章子、増田研一:運動や減量療法プログラムに参加した肥満した変形性膝関節症患者の1年後の追跡調査結果.日関外誌 22:3-7,2003
  • 36. 戸田佳孝:リウマチ膝に対する日帰り鏡視下部分滑膜切除術の予後と滑膜組織像との関連性について.リウマチ 43:549-556,2003.
  • 34.. 戸田佳孝、加藤章子:歯科用麻酔器具を用いた遠位橈尺関節滑膜切除術について.別冊整形外科 44:174-178,2003
  • 33. 戸田佳孝、加藤章子、山本節子、入江美幸、宮井由美子:日帰り手術としてのリウマチ膝に対する関節鏡視下débridementの効果.整形・災害外科 46:75-79,2003.
  • 32. 戸田佳孝:在宅関節リウマチ患者に対する出張手術の試み.整形外科 54:99-103,2003
  • 31. 戸田佳孝、加藤章子、入江美幸、宮井由美子:関節リウマチに対する遠位橈尺関節の日帰り滑膜切除術が患者の日常生活動作に与える影響について.リウマチ科 30:397-402,2003
  • 30. 戸田佳孝:変形性膝関節症に対する装具療法-距骨下関節固定付き足底板と他の足底板の比較-.日臨整会誌 28:20-26,2003
  • 29. 戸田佳孝、月村規子、加藤章子:腰痛症に対する間欠的骨盤牽引の筋電図学的効果について-平成14年度点数改訂に対する医学的反論. 日臨整会誌 28:47-49,2003
  • 28. 戸田佳孝、月村規子、加藤章子:腰痛患者と健常人での腹腔外圧の比較.整形外科54: 1680-1681,2003
  • 27. 戸田佳孝、月村規子、加藤章子:関節リウマチに対する内視鏡を用いた日帰り膝関節滑膜切除術の適応. 日本医事新報 4132:22-25,2003.
  • 26. 戸田佳孝、加藤章子、月村規子、増田研一:変形性膝関節症に対する距骨下関節固定付き足底板に使用する外側楔状ウレタンの最も効果的な傾斜について.臨床整形外科 37:1471-1476,2002
  • 25. 戸田佳孝、加藤章子、月村規子、増田研一:各種外側楔状足底板が臨床症状ならびに下肢アライメントに与える影響について.別冊整形外科42:127-131,2002
  • 24. 戸田佳孝、加藤章子、増田研一:関節リウマチ患者の食生活に関する問題点について.医事新報4078:49-51,2002
  • 22. 戸田佳孝、月村規子、加藤章子:筋筋膜性腰痛症患者に対するコルセットの効果と腹部肥満度との関連性.リハ医学39:403-408, 2002
  • 23. 戸田佳孝:肥満した変形性膝関節症患者に対する各種保存的療法の治療効果比較.リウマチ42:795-800,2002
  • 21. 戸田佳孝、 加藤章子、 増田研一:関節リウマチ患者の食生活に関する問題点について. 医事新報 4078号: 49-51, 2002
  • 20. 戸田佳孝:HLA-DRB1*0405遺伝子陽性RA患者に対する熱変性Ⅱ型コラーゲンの臨床効果における至適量について.臨床リウマチ 14: 102-108, 2002
  • 19. 戸田佳孝、加藤章子、月村規子、増田研一:変形性膝関節症に対する距骨下関節固定付き足底板の歩行に与える影響.整形・災害外科 45 :65-71, 2002
  • 18. 戸田佳孝、加藤章子、山本節子、入江美幸:腰痛患者に対するコルセットの効果と肥満との関連性ならびに後方牽引バンド付きコルセットの考案.整形外科 53:235-239 2002.
  • 17. 戸田佳孝:距骨下関節固定付き外側楔状足底板が内側型変形性膝関節症患者の下肢アライメントに与える影響.日関外誌 20:150-155, 2001
  • 16. 戸田佳孝、加藤章子:体重に対する下肢筋肉量の低下が中高年の健康に与える影響. 医事新報4039号: 45-47,2001.
  • 15. 戸田佳孝、三輪考司、加藤章子、 山本節子、入江美幸:五十肩に対する筋力強化運動に併用する テーピングの考案. 整形外科 52: 1331-1337, 2001
  • 14. 戸田佳孝:関節疾患と保存療法-変形性膝関節症に対する食事療法- 関節外科 20:24-29, 2001
  • 13. 戸田佳孝:変形性膝関節症患者に対する距骨下関節固定付き外側足底板の臨床的評価.リウマチ41: 646-652, 2001
  • 12. 戸田佳孝:アメリカリウマチ協会コアーセットを用いて評価した慢性関節リウマチに対する冷凍乾燥型鶏軟骨スープの効果について.臨床リウマチ 13: 32-38,2001
  • 11. 戸田佳孝、金秀貴、月村規子:内側型変形性膝関節症に対する距骨下関節弾性固定付き足底板の効果について.理学療法ジャーナル 35:829-833,2001
  • 10. 戸田佳孝:変形性膝関節症に対する足関節8の字型弾性固定バンド付き足底板と靴中敷き型足底板との効果比較.中部整災誌43:1341-1345, 2000
  • 8. 戸田佳孝、加藤章子、三輪考司、山口卓、金秀貴、小川亮恵:変形性膝関節症に対する塩酸グルコサミンと硫酸コンドロイチン混合投与の効果について 整形・災害外科 43: 1539-1544,2000
  • 7. 戸田佳孝、戸田圭美、加藤章子、戸田史江、森本忠信、小川亮恵:変形性膝関節症に対する栄養補助食品の効果―塩酸グルコサミンと硫酸コンドロイチン―整形・災害外科 43:931-937,2000
  • 5. 戸田 佳孝、竹村 清介、中川 琢磨、 森本 忠信、小川 亮惠: 肥満と変形性膝関節症の諸症状との関連性について. 整形外科 49: 621-6271998
  • 6. 戸田佳孝、竹村清介、戸田圭美、加藤章子、戸田史江、森本忠信、小川亮惠:変形性膝関節症と体重に対する下肢除脂肪量の関連性について.整形外科51: 356-360,2000
  • 4. 竹村 清介、戸田 佳孝、藤本 啓治、 井上 剛、森本 忠信、小川 亮恵、野村 昌作、香川 英生、福原 資郎、松崎  龍典: 慢性関節リウマチ患者と変形性膝関節症患者におけるHLA-DRB1対立遺伝子頻度の比較. 臨床リウマチ 9: 131-135 1997
  • 3. 戸田佳孝、竹村 清介、森本 忠信、小川 亮惠: 慢性関節リウマチ患者のHLA-DRB1遺伝子型と鶏軟骨スープを用いたⅡ型 コラーゲンによる経口トレランスの関連性 について. 日臨免会誌 20: 44-51 1997
  • 2. 戸田 佳孝、森 良樹、杉野 義信、有田 清三郎、 和田 孝彦、森本 忠信、南川 義隆、赤木 繁夫、 菅野 博、西村 秀樹 小川 亮恵: 慢性関節リウマチ患者のHLA-DRB1対立遺伝遺伝子の組み合わせと骨破壊進行度との 関連性について. リウマチ 35: 514-520, 1995
  • 1.(博士号論文) 戸田 佳孝: 大脳運動領野ならびに脊髄刺激による脊髄下行性電位と末梢筋活動電位に対する 各種麻酔薬の影響. 日整会誌 66:279-290, 1992

総説:

  • 5. 戸田佳孝、月村規子:変形性膝関節症 に対する減量療法と足底板療法. 私のすすめる運動器疾患保存療法実践マニュアル(黒澤尚編)全日本病院出版会(東京).207-214 , 2007
  • 21.戸田佳孝:特集ロコモの視点を交えた変形性膝関節症.体操療法について教えて下さい。Loco Cure 1:147-149, 2015
  • 20. 戸田佳孝:装具療法の有効性とエビデンス(2010年~2011年)-患者の理解度も含めて-. 特集:変形性膝関節症の保存療法 -MB Orthop 25:53-57, 2012.
  • 19.戸田佳孝:変形性膝関節症に対する装具療法.総合臨床 60:470-471,2011
  • 18. 戸田佳孝、月村規子、槻浩司:足底板:有用性と限界―2007~2010年の国際雑誌掲載論文からの考察―特集:高齢者膝関節痛への多面的リハアプローチ.Journal of Clinical Rehabilitation.20:34-41,2011
  • 17.戸田佳孝、月村規子、槻浩司:装具療法 有効性と限界-2007~2010年の国際雑誌掲載論文からの考察.特集:高齢者膝関節痛への多面的リハアプローチ.クリニカルリハビリテーション.20:34-41,2011
  • 16. 戸田佳孝、月村規子、槻浩司: 変形性膝関節症の治療:装具療法の有効性と限界. -2006~2010の国際雑誌掲載論文からの考察-特集:変形性関節症・脊椎症-診断と治療の最前線-老年医学 48:329-336, 2010.
  • 14.  戸田佳孝、月村規子、槻浩司:変形性膝関節症に対する装具療法. 特集:変形性膝関節症のリハビリテーション. MB Med Reha 105: 19-26, 2009
  • 15.戸田佳孝、月村規子、槻浩司: 膝OAの膝軟性装具療法. 特集:こだわりの整形外科保存療法-私の工夫-MB Orthop 23:39-46, 2010.
  • 13. 戸田佳孝、月村規子、槻浩司:変形性膝関節症に対する装具療法. 特集:すぐに役立つ日常診療に対する私の工夫. MB Orthop 22: 256-262, 2009
  • 12.戸田佳孝:膝OAに対する膝装具-国際雑誌掲載論文の解説-.Osteoarthritis Uptate 2:11-16,2009
  • 11. 戸田佳孝、月村規子、槻浩司:装具療法-足底板療法の効果とその有効性-. THE BONE 23:63-67, 2009
  • 10. 月村規子、戸田佳孝、槻浩司:最近の上腕骨外側上顆炎の原因とそれに対する装具療法.  別冊:上肢の外科-最近の進歩. 整形外科 54: 118-122, 2008
  • 9. 戸田佳孝、月村規子: 変形性膝関節症の重症度に応じたヒアルロン酸関節内刺入法. 別冊:変形性関節症の最近の進歩. 整形外科 53: 130-133 2008
  • 8. 戸田佳孝、月村規子: 変形性膝関節症に対する装具療法-2001年 以降(21世紀)の国際雑誌掲載論文からの考察-. 特集:膝関節疾患保存療法マニュアル. MB Orthop 20: 128-134, 2007
  • 7. 菊地臣一、戸田佳孝: 対談:新しい腰痛診療へのアプローチ 医事新報 43号 53-63, 2007
  • 5. 戸田佳孝、月村規子: 変形性膝関節症に対する足底板療法. 増刊:整形外科治療におけるエビデンス-各種治療法のレビュ-と私の治療法.整・災外 49:563-569, 2006
  • 6. 戸田佳孝,月村規子:変形性膝関節症に対する装具療法研究の近年の進歩について-2000年以降の国際雑誌掲載論文の要約-整形外科 57:497-502, 2006
  • 4. 戸田佳孝、月村規子: 変形性膝関節症に対する距骨下関節固定 付き足底板の効果-低価格医療に関する重要性も含めて-関節外科 25:37-39, 2006
  • 3. 戸田佳孝: 冒頭言.患者が満足する外来治療を目指して. 臨整外 40 511-514, 2005
  • 2. 戸田佳孝: 保存療法としての減量生活指導と筋肉量評価. 特集:変形性膝関節症の診療 MB Orthop 16:15-21, 2003
  • 1. 戸田佳孝:整形外科知ってるつもり.変形性膝関節症と肥満.臨床整形 37:284-286,2002