戸田整形外科リウマチ科クリニック

診察予約・お問合せは 06-6387-4114
受付時間 | 9:30〜12:30(月-土) 15:30〜18:30(月-水,金)

お知らせ

交通事故と労働災害による保険を使った診療は他の医療機関でお願いします
2023年8月28日リリース。これ1冊!「ひざの痛み」(PHP出版)に10頁書きました。
2023年7月から2025年6月まで大阪中之島ロータリークラブ会長をします
2023年7月28日発売ムック『これ1冊!「ひざの痛み」』(株式会社PHP研究所 )
令和5年5月11日で開院25周年を迎えました
令和5~6年6月までは診察時間をずらすことが多いので電話でお確かめ下さい
令和五年(2023年)より通所リハビリ再開します
令和3年8月10日。9作目の「ひざの名医が食べているひざの痛みがやわらぐレンチンレシピ」(PHP研究所)発売
血小板由来因子濃縮液(PFC-FD)は細胞を加工しないので現時点では届け出の必要がありません
第8作。2020年9月17日発売「1回1分腰痛が消えるちょいトレ」(三笠書房)
第7作!2020年5月8日発売「1日半分のアボカドで膝の痛みがラクになる」(河出書房新社)
増田先生の「スポーツ・ひざ」外来開設
有り難い文面の表彰状。令和二年度日本臨床整形外科学会学術奨励賞を受賞。二冠達成!
台湾の三悦文化から「ひざ痛の97%は手術なしで治せる」の訳本発売中
韓国Pureunhangbok社から「百歳まで…」の韓国語訳本完成
中国紡績出版社(北京市)から訳本がでました
過去32回フジテレビ系列「さんまのホンマでっか!?TV」に出演しました

ニュース

1日3時間以上ジーとしている人は少々運動しても無駄?

06-6387-4114ウォーキングスポーツデスクワーク吹田市豊津町14番1号戸田クリニック戸田整形外科リウマチ科クリニック説明
Ekelund先生は10万5791人の人を2~18年間追跡調査しました。その結果、1 日 3 時間以上テレビを視聴すると、1日に60~75分運動をしても死亡率は高いままでした。ただし、1日に75以上運動すれば、1 日 5 時間以上テレビしない限り死亡率は高くなりませんでした。だから、皆さん、3時間以上座り続けることなく、途中で運動するようにしましょう。解説:江坂の整形外科診療所 戸田整形外科リウマチ科クリニック院長 戸田佳孝

変形性膝関節症にもブロック注射が効く。

06-6387-4114吹田市豊津町14番1号変形性膝関節症戸田クリニック戸田整形外科リウマチ科クリニック説明
Güler 先生達は102人の変形性膝関節症の中で51人には理学療法を51人にはエコーで監視しつつ膝関節ブロックを行いました。その結果12 週間後歩行距離の増加はブロック注射を受けたグループの方が長くなりました。このようにブロック注射は変形性膝関節症の痛みだけではなく、身体的能力も改善します。医師に薦められたら、是非受けて下さい 海野先生達の研究では人工膝関節全置換術の術後に内転筋管ブロック注射を追加した22人では手術翌日に鎮痛剤を飲む回数は平均0.091回でしたが、注射をおこなわなかった26人では平均0.5回だったそうです。このように、変形性膝関節症に対するブロック注射は手術後の痛みも和らげてくれます。解説:戸田リウマチ科クリニック院長 大和大学整形外科非常勤講師 戸田佳孝

1日に座る時間が2時間長くなると死亡率が15%高まる。

06-6387-4114ウォーキング吹田市豊津町14番1号戸田クリニック戸田整形外科リウマチ科クリニック肩こり
Koyama先生達の7.7年に渡る長期調査では1日に座っている時間が長くなると死亡率は高血圧患者さんでは20%、脂質異常症患者さんでは18%、糖尿病患者さんはでは37%増加しました。これらの持病を持っていない人でも1日に座って鋳る時間が5時間未満、5時間以上7時間未満、7時間以上9時間未満、9時間以上の順に死亡率が15%ずつ高くなっていました。座っている時間が長いと寿命が縮まるのでできるだけウォーキングをしましょう #整形外科 #戸田クリニック #大阪府吹田市豊津町14番1号 #電話番号0663874114 #戸田整形外科リウマチ科クリニック #服部緑地公園 #御堂筋線 #座っている時間 #死亡率 #糖尿病 #高血圧 #脂質異常症 # 戸田佳孝

PRPは元々スポーツ選手が行っていた。スポーツ愛好家に特に効果がある。

06-6387-4114PFC-FD注射再生医療吹田市豊津町14番1号戸田クリニック戸田整形外科リウマチ科クリニック筋肉トレーニング説明
PFC-FDは運動と相性が良い。僕はPRPから細胞成分を除いた凍結した濃縮血小板由来因子(PFC-FD)はどのような変形性膝関節症患者さんに効果が期待できるかを調査して論文発表しました。PFC-FDを行って3ヶ月以上経過した56例の変形性膝関節症患者さんをいろいろな分類法でLequesne重症度指数の改善率を比較しました。すなわち年齢は65歳以上(高齢者)と65歳未満に、罹患年数は5年以上と5年未満に、BMIは25以上(肥満者)と25未満に、大腿脛骨角(О脚の度合い)は180度以上と180度未満に、レントゲン写真が軽症と重症に、運動習慣は週に2回以上を1年以上継続している運動習慣有り群とその他のなし群です。その結果、改善率は男女性の間、年齢層、罹患年数、肥満の有無、大腿脛骨角が180度以上と未満の間、レントゲン写真の軽症と重症の間で明白な差はありませんでした。しかし、運動習慣あり群の改善率はなし群に比べて治療成績が明白に優れていました。解説:江坂の整形外科診療所 戸田整形外科リウマチ科クリニック院長 戸田佳孝

歩くだけでは変形性膝関節症は治りません。筋トレをしましょう。

06-6387-4114ウォーキング吹田市豊津町14番1号変形性膝関節症戸田クリニック戸田整形外科リウマチ科クリニック筋肉トレーニング説明
歩くだけでは変形性膝関節症は治りません。筋トレをしましょう。有酸素運動(ウォーキングやエアロバイク)は、取り込んだ酸素を材料にして、体脂肪を分解させることでエネルギーを生み出します。 そのため、内臓脂肪の減少に効果的といわれています。 つまり、生活習慣病の治療やお腹周りを減らすのにも役立ちます。それに対して無酸素運動(筋トレやスクワット)は、筋肉に蓄えられたグリコーゲンを材料にして、強い力を瞬間的に発揮し、筋力を鍛えます。エアロバイクなのでの有酸素運動は脂肪を燃焼させる効果はありますが、筋肉を増強する効果は少ないです。なぜなら、歩くだけでは筋肉にあまり負荷がかからないからです。解説:江坂の整形外科診療所 戸田整形外科リウマチ科クリニック院長 戸田佳孝