戸田整形外科リウマチ科クリニック

診察予約・お問合せは 06-6387-4114
受付時間 | 9:30〜12:30(月-土) 15:30〜18:30(月-水,金)

ニュースNews

ひざが痛くても反対のひざを伸ばす筋力を鍛えれば早く歩ける

変形性膝関節症説明
ひざが痛くても反対のひざを伸ばす筋力を鍛えれば早く歩けるひざが痛む人は歩く速度が遅くなり、信号機が青の間に渡りきることができず、日常生活に不自由することがあります。そんな時は痛くない方の反対の膝を伸ばす筋力を鍛えれば、早く歩けるようになります。橋口先生らは20人の変形性ひざ関節症の患者さんの歩行速度と両足の筋力や両膝の可動域や体の横揺れとの関連性を評価しました。その結果、歩く速度は痛くない側のひざを伸ばす筋力とひざの可動域と比例していました(橋口広太朗ら:理学療法の科学と研究.10: 15-19,2019.)。同じように、犬の散歩では痛くない側の手をリードを持った方が早く歩けるかもしれません。江坂の整形外科診療所 戸田整形外科リウマチ科クリニック院長 戸田佳孝

膝が痛い時歩く時には足を内側に回し、最後にクッと外側に回そう

筋肉トレーニング説明
膝が痛い時歩く時には足を内側に回し、最後にクッと外側に回そう健康な人が歩く時には膝の曲がりが30°付近から一番ひざが伸びる時にかけて脛骨が大腿骨に対して外側に回るスクリューホーム運動が起こります。もともとガニ股で歩いている変形性膝関節症の患者さんではスクリューホーム運動の消失もしくは,逆の運動(膝最終伸展時の脛骨内旋)が出現し、ひざにかかる負担が大きくなります(大森豪ほかOrthopaedics16: 1-6,2003.)。。だから、ひざが痛む時は意識してひざが伸びた瞬間に足を外側に捻りましょう。論文の解説:江坂の整形外科診療所 戸田整形外科リウマチ科クリニック院長 戸田佳孝

多血小板血漿(PRP)が効く患者さんの特徴を研究して論文にしました

PRP研究
多血小板血漿(PRP)が効く患者さんの特徴を研究して論文にしました僕は多血小板血漿(PRP)はどのような変形性ひざ関節症(膝OA)患者さんに効いて、どのような患者さんには効かないのかを研究をして整形・災害外科という医学雑誌の9月号に掲載しました(戸田佳孝:多血小板血漿注射が効果的であった変形性膝関節症の特徴. 整・災外.62:1149-1151,2019)。PRPはPlatelet-Rich Plasmaの略で、日本語で多血小板血漿です。患者さんの血液から血小板の中の傷を治す成分である成長因子だけを取り出して、研究室でその数を増やして、また患者さんの体にもどすという治療法です。解説:江坂の整形外科診療所 戸田整形外科リウマチ科クリニック院長 戸田佳孝

PRP筋肉や腱を修復する

PRP研究
PRP筋肉や腱を修復するPRPはなぜ関節の痛みに効くのでしょうか?飯尾先生らは腱が傷つくまでラットをぐるぐる回る輪の中で走らせて、人工的な腱損傷ラットを作りました。そして片方の肩の腱にはPRPを注射し、反対側の肩の腱にはPRPを注射しませんでした。その結果、PRPを注射した側では腱を作る土台となるコラーゲンの網の目がきれいにそろっていましたが、PRPを打たなかった肩の腱はぐちゃぐちゃだったそうです。解説:江坂の整形外科診療所 戸田整形外科リウマチ科クリニック院長 戸田佳孝

PRPは軟骨の傷口にかさぶたを作る

PRP研究
PRPは軟骨の傷口にかさぶたを作るPRPを打っても軟骨がムクムクと生えてくるわけではありません。ファング先生の研究では、TGF-βからできるかさぶたで傷がふさがれるだけであり、すぐに剥がれてしまいます。つまり、PRPが造ったかさぶたで痛みを和らげている間に体を鍛えなければ、効果は長持ちしないのです。解説:江坂の整形外科診療所 戸田整形外科リウマチ科クリニック院長 戸田佳孝