戸田整形外科リウマチ科クリニック

診察予約・お問合せは 06-6387-4114
受付時間 | 9:30〜12:30(月-土) 15:30〜18:30(月-水,金)

ニュースNews

多血小板血漿(PRP)が効く患者さんの特徴を研究して論文にしました

PRP研究
多血小板血漿(PRP)が効く患者さんの特徴を研究して論文にしました僕は多血小板血漿(PRP)はどのような変形性ひざ関節症(膝OA)患者さんに効いて、どのような患者さんには効かないのかを研究をして整形・災害外科という医学雑誌の9月号に掲載しました(戸田佳孝:多血小板血漿注射が効果的であった変形性膝関節症の特徴. 整・災外.62:1149-1151,2019)。PRPはPlatelet-Rich Plasmaの略で、日本語で多血小板血漿です。患者さんの血液から血小板の中の傷を治す成分である成長因子だけを取り出して、研究室でその数を増やして、また患者さんの体にもどすという治療法です。解説:江坂の整形外科診療所 戸田整形外科リウマチ科クリニック院長 戸田佳孝

PRP筋肉や腱を修復する

PRP研究
PRP筋肉や腱を修復するPRPはなぜ関節の痛みに効くのでしょうか?飯尾先生らは腱が傷つくまでラットをぐるぐる回る輪の中で走らせて、人工的な腱損傷ラットを作りました。そして片方の肩の腱にはPRPを注射し、反対側の肩の腱にはPRPを注射しませんでした。その結果、PRPを注射した側では腱を作る土台となるコラーゲンの網の目がきれいにそろっていましたが、PRPを打たなかった肩の腱はぐちゃぐちゃだったそうです。解説:江坂の整形外科診療所 戸田整形外科リウマチ科クリニック院長 戸田佳孝

PRPは軟骨の傷口にかさぶたを作る

PRP研究
PRPは軟骨の傷口にかさぶたを作るPRPを打っても軟骨がムクムクと生えてくるわけではありません。ファング先生の研究では、TGF-βからできるかさぶたで傷がふさがれるだけであり、すぐに剥がれてしまいます。つまり、PRPが造ったかさぶたで痛みを和らげている間に体を鍛えなければ、効果は長持ちしないのです。解説:江坂の整形外科診療所 戸田整形外科リウマチ科クリニック院長 戸田佳孝

セルソース社に依頼して質の高いフリーズドライしたPRPを使用

PRP研究
セルソース社に依頼して質の高いフリーズドライしたPRPを使用戸田クリニックのPRPはセルソース社に依頼しています。血液を50CC採血して、セルソース社に送ると約3週間でフリーズドドライになって6CCのPRPが戻ってきます。これを生理食塩水に溶かして膝に注射します。セルソース社は、2019年の東京マラソンで8位になり、マラソングランドチャンピオンシップに出場する神野選手が所属している会社であり、信用できる会社です。セルソース社のPRPを使って、どんな患者さんに効くのかを調べてみました。解説:江坂の整形外科診療所 戸田整形外科リウマチ科クリニック院長 戸田佳孝

PRPを受けて12週間以上経過した患者さん56人で評価した

PRP研究
PRPを受けて12週間以上経過した患者さん56人で評価した方法は56人の膝OA患者にPRPを2回注射し、12週間後の日常生活の困難さの改善率を評価しました。さらに年齢によって65歳以上(高齢者)と65歳未満に分け、痛くなってからの年数によって5年以上と5年未満に分け、体重を身長で2回割ったBMIによって25以上(肥満者)と25未満に分け、O脚の度合いを測る大腿脛骨角(FTA)によって180度以上と180度未満に分け、レントゲン写真の重症度によって分けるケルグレン・ローレンス分類の2度と3度もしくは4度に分けました。また週2回以上運動しており、持続時間が30分以上で、継続期間が1年以上である人を運動習慣あり、それ以外の人を運動習慣なし群に分けました。解説:江坂の整形外科診療所 戸田整形外科リウマチ科クリニック院長 戸田佳孝