戸田整形外科リウマチ科クリニック

診察予約・お問合せは 06-6387-4114
受付時間 | 9:30〜12:30(月-土) 15:30〜18:30(月-水,金)

ニュースNews

彼女の方が背が高くても閉経まで夫婦でいれば身長は逆転する可能性あり

若い人の整形外科説明
ヒールを履いた彼女より自分の方が背が低くなることを気にして厚底の靴を履いている男性はいませんか?膝に負担がかかりますよ。結婚して歳を重ねるといつの間にか夫の方が背が高くなることもありますので安心して下さい 岐阜県総合医療センターの研究では60歳以上の外来患者800人を対象に身長の変化を調査しました(細江英夫:中部日本整形外科災害外科学会雑誌.55:293-294,2012)。その結果、男性の80歳未満では平均3cm未満の身長短縮で、年間短縮量は2~3mmでした。また、80歳以上では短縮量が年間5mm以上でした。女性では60歳代(閉経後)から平均3cm以上の身長短縮が認められ、歳をとるどこと短縮量はだんだん増えていました。 では、身長が短くなった人の元の身長はどのように予測するのでしょうか?骨が短くなるのは背骨の骨の高さが低くなるからです。でも、膝の下のスネの骨(脛骨けいこつ)は年齢とともに変化しません。女性の場合、元の身長=(座った時の床から膝の高さ×1.91)―(年齢×0.17)+75だそうです。↓だから、身長差を理由に結婚を諦めるなんてもったいないですよ。 論文の解説:江坂の整形外科診療所 戸田リウマチ科クリニック院長

サプリメントがブームだが、栄養は食品で摂った方が良いと考えます

説明食事療法
ラジオや新聞で沢山のサプリメントが紹介されていますが、僕は栄養はサプリメントよりも食品で摂った方が良いと思います。その理由を大豆イソフラボンで説明させていただきます。大豆の中に含まれるイソフラボンは女性ホルモン(エストトロゲン)と構造が似ているためサプリメントに多く含まれています。 しかし、小原先生達は健康な成人女性4名を対象に5月経周期を対象期間とし,3月経周期目にイソフラボン25 mgを含むサプリメント(大豆イソフラボン, DHC社製, 1日1回1回2錠)を約1ヶ月間摂取してもらい、その前後2月経周期を比較期間としました。その結果、イソフラポンサプリメント摂取前と摂取後を比較したときに,平均4.8日延長しました(小原映ほか:杏林医学会雑誌.50:125-130,2019.)。原因がイソフラボンとすぐに分れば良いのですが、分らない時は驚くかもしれません。サプリメントで急に大量イソフラボンを摂るよりも食品でゆっくりと量を増やした方が良いと僕は考えます。 2004年にイタリアで行われた研究では大豆イソフラボンを1日150mg 5年間摂取させたところ、3.8%(6名)に子宮内膜増殖症が発生した報告されました。この結果を受け、内閣府食品安全委員会は2006年に食品から摂取する量を加味し、イソフラボンの安全な上乗せ摂取量上限値を1日30mgとしました。たしかに廣瀬先生の研究では1日25mg. 8 週間という低用量かつ比較的短期間でのイソフラボンの摂取では更年期の抑うつ症状、不眠症が解消されました(廣瀬明日香:低更年期と加齢のヘルスケア.16: 91-94,2017.)。しかし、飲んでいるサプリメントの種類が多くて、それぞれに大豆エキスが入っている場合、1日イソフラボン30mgを超えてしまいます。だkらサプリメントは必要最低限にしましょう。 論文の解説:江坂の整形外科診療所 戸田整形外科リウマチ科クリニック院長 戸田佳孝

サッカー選手と喫煙

スポーツ若い人の整形外科説明
今回も関西医療大学の増田教授に教えてもらいました。私の職場の『サッカーおたく部屋』の一角には頂いた小物類を詰め込んだ棚があります。 その中にルーマニアで頂戴した人形軍チームがいます。皆タバコを咥えています。 動画サイトを見ますと、昔のテレビ番組は喫煙シーンが非常に寛容に扱われていましたね。アスリートも現在とは比較にならない程愛煙家が多かった様です。 地元開催のワールドカップで優勝した当時の西ドイツ代表選手が葉巻をくゆらせています。こんな写真もオープンになっていた時代です。 決勝で対戦したオランダ代表のスーパースター:ヨハン・クライフ選手も現役時代からヘビースモーカーであったらしいですが、そのせいで心蔵を悪くしてバイパス手術を受けたらしいです。 さすがに禁煙を決意し、ベンチではタバコの代わりにキャンデーを口にされる様になりました。 しかしスター選手はとんでもないストレスに晒されるんでしょうね、ジダン選手もマラドーナ選手も喫煙者みたいですね。違ったものに手を出す場合もあったみたいですが…。 もうすぐ始まるカタール・ワールドカップに出場予定のスーパースターもそんな喫煙場面を撮られている模様です。 解説:江坂の整形外科診療所 戸田整形外科リウマチ科クリニック院長 戸田佳孝

ユニフォームの裏側

スポーツ若い人の整形外科説明
今回も関西医療大学の増田教授に教えてもらいました↓。もうすぐカタールワールドカップですが、各国代表のユニフォームが発表されています。好評不評、色々です↓。 これはちょっと前のブラジル代表のユニフォームです。と申せば「サプライヤーがN社と違うやん」とおっしゃる方も多いでしょう。エンブレムも違いますね。実はこれはフットサル代表のだったんです。中央にはワールドカップ制覇の証のエンブレムもありますね。このペナントのエンブレムもサッカーとは異なりますね。もちろん本物です。実はつい最近までブラジルではフットサル協会はサッカー協会の下には位置していなかったんです。どうもお金の問題が理由だったみたいです。 日本の場合はサッカーのユニフォームとラインのカラーがちょっと変わっている場合がある程度です。これは昔のフットサル日本代表のユニフォームですが、中央のラインが蛍光イエローですね。サッカーは赤、なでしこジャパンはピンクでした。さて、個人レベル・チームレベルでの契約がユニフォームに大きく影響を及ぼす場合があります。 この選手はP社と個人契約していたんですが、チームはライバルのA社と契約…、ですので彼だけA社のシンボルである3本線のユニフォームを着用する事に難色を示し、よく見ると袖のラインが2本…。 この選手が着用しているスパイク、どう見てもA社製、しかし大会直前でP社と契約交渉していたんでしょう、ラインを消しています。ちなみに個人契約よりチーム契約が優先されます。 余談ですが、このメーカーはかって長年サッカー・ブラジル代表のサプライヤーだったんですけど、契約を打ち切られてしまいました。その後日本人が権利を買い取って、フットサルを主たる領域に『復活』したのでした。 解説:江坂の整形外科診療所 戸田整形外科リウマチ科クリニック院長 戸田佳孝

手術嫌いな整形外科医も前十字靭帯損傷のスポーツ選手には手術を薦めます

スポーツ説明
宮市亮選手は2022年7月27日E-1選手権韓国戦で、相手選手との接触により右膝前十字靱帯断裂を受傷し、全治8か月と診断され、8月2日に手術を実施したとクラブから発表されていた。前十字靭帯(アンテリオール・クルシエート・リガメント、略してACL)はスポーツ選手にとって致命的な怪我とも言われています。ACL損傷は太腿とふくらはぎが逆の方向に回転し、ねじれることによって生じることが多いです。 治療法としては約30年前は人工靭帯が大流行でしたが↓最近は骨付きカルビならぬ骨付き自分の膝蓋腱が良いと言われています。古谷先生達は骨付き膝蓋腱を用いたACL再建術後は93.3%がスポーツに復帰でき患者満足は高かったと報告しています。宮市選手の復帰を期待しています。論文の解説:江坂の整形外科診療所 戸田整形外科リウマチ科クリニック院長 戸田佳孝