戸田整形外科リウマチ科クリニック

診察予約・お問合せは 06-6387-4114
受付時間 | 9:30〜12:30(月-土) 15:30〜18:30(月-水,金)

ニュースNews

骨粗鬆症の新薬には高い製品もある。一人一人が国民皆保険を守る努力をしよう

筋肉トレーニング説明
骨粗鬆症の新薬には高い製品もある。一人一人が国民皆保険を守る努力をしよう2019年2月に骨粗鬆症に対する健康保険の適応を受けたロモソズマブ(一般名*)という注射薬は、加齢や閉経などによって分泌が増える骨を造る骨芽細胞の活動を鈍らせるスクレロスチンの働きを弱めて、骨を強くするとても良い薬です。しかし、この注射薬の値段は2020年4月時点で1シリンジが24,720円であり、2シリンジを月に1回12ヶ月間皮下に打つ方法が一般的ですから、治療費は合計24シリンジでその値段は593,280円です。つまり、保険負担1割の人の窓口会計は593,28円であり、残り533,952円は皆さんから徴収された社会保険料から支払われます。 僕が医師になった1980年代には多くの製薬会社の主力商品は感染症に対する抗生物質でしたが、抗生物質の使い過ぎが還って抗生物質の効かない菌を生み出すことがわかったなどの理由から厚生労働省が抗生物質の保険適応を狭めていきました。その頃から各製薬会社が力を入れだしたのが、長期間にわたって飲み続けてくれる生活習慣病(慢性疾患)に対する薬です。そのような意味もあり、骨粗鬆症治療薬は沢山造られるようになりました。 勿論は薬価(健康保険で支払われる薬の値段)には薬の開発費が含まれているので、発売から年数が経てば、ロモソズマブの薬価も段々と下がっていきます。しかし、次から次へと値段の高い骨粗鬆症に対する新薬は発売されることでしょう。だから、一人一人が各世代にするべき骨粗しょう症予防運動をして、食べ物に気を付けて、高価な骨粗鬆症治療薬を使わないですむようにして、平等な医療を提供です国民皆保険制度を守りましょう。江坂の整形外科診療所 戸田整形外科リウマチ科クリニック院長 戸田佳孝

一つ圧迫骨折が起こると次に骨折が起こる確率は2.6倍増える

老化説明
一つ圧迫骨折が起こると次に骨折が起こる確率は2.6倍増える骨の密度は年齢が進むほど低下する傾向があります。骨は破骨細胞によって毎日少しずつ 古い骨か壊され、骨芽細胞によって新しい骨が造られ、 ビタミンDやKによって骨の材料であるカルシウムが用意されます。でも壊される骨が増えたり、造られる骨が減ったり、骨の材料が減ると、徐々に骨密度が低下して骨がカスカスになり骨折しやすくなります。この状態を骨粗鬆症といいます。骨粗鬆症になると背骨の骨が骨折(圧迫骨折)を起こしやすくなります。骨粗鬆症による圧迫骨折を起こすと、再び圧迫骨折を起こす危険が高くなります。背骨の1か所に圧迫骨折がある人の1年以内の圧迫骨折発生率は、起こしたことがない人の2.6倍になります(Lindsay R, et al: Risk of new vertebral fracture… JAMA. 285:320-323,2001.)。だから、圧迫骨折を起こさないように若い頃から骨を強くしましょう。また、圧迫骨折を起こしているとわかったら、次の骨折を防ぐために、トレーニングをしましょう。論文の解説:江坂の整形外科診療所 戸田整形外科リウマチ科クリニック院長 戸田佳孝

昆布が作り出すエネルギー物質であるマンニトールはダイエットになる

ダイエット説明
昆布が作り出すエネルギー物質であるマンニトールはダイエットになる昆布が作り出すエネルギー物質であるマンニトールはダイエットになる昆布ははじめから黒いのではありません。海の中では緑色で光合成をしてマンニトールというエネルギー物質を作り出します。マンニトールをラットの餌に入れて28日間飼育した実験では、マンニトールは他のエネルギー物質に比べて体脂肪になりにくいかったです。また小腸での脂肪の消化吸収を低下させる作用もあったそうです(西山紋恵:ラットの体成分蓄積に及ぼす柑橘搾汁残滓抽出液とマンニトールの効果  草食実験動物 (27) 45 55,2003)。だから、ダイエットをする時は昆布を活用しましょう。論文の解説:江坂の整形外科診療所 戸田整形外科リウマチ科クリニック院長 戸田佳孝

昆布だしで作ったあさりの味噌汁が神経痛に効く!

腰痛説明
昆布だしで作ったあさりの味噌汁が神経痛に効く!状筋症候群というお尻で坐骨神経が圧迫されて、足に痛みやしびれが出てくる病気があります。ある研究では22人の梨状筋症候群の患者さんに昆布に多く含まれているマンニトール50mg(乾燥昆布0.2gの含有量)を静脈内に5日間点滴すると同時にビタミンB121日に52μ(マイクロ)グラム(シジミ100gの含有量より少なく、鶏レバー100gの含有量より少し多い程度)を6週間飲んでもらいました。その後、3ヶ月後と6ヶ月後に検査をしたところ、坐骨神経痛の症状は劇的に良くなっていました。MRIを撮影すると治療前には86.4%の患者さんで坐骨神経にブヨブヨとした腫れ(浮腫)がありましたが、治療後6ヶ月には坐骨神経に浮腫がある患者さんの割合は18.2%(約5分の1)に減っていました(Huang ZF, et al :Effect of Mann…J Back Musculoskelet Rehabil. 32:329-337,2019.)。その理由ですが、神経を養う血管の中にマンニトールがあると血管神経関門が開き、血管の中の高い浸透圧を薄めようと神経にある水分が血管の中に吸い取られ、神経のブヨブヨとした腫れ(浮腫)が治まります。また水と引き替えに空いた血管神経関門からビタミンB12が神経に浸みだし、神経の傷を治したと考えられます論文の解説:江坂の整形外科診療所 戸田整形外科リウマチ科クリニック院長 戸田佳孝

「原因不明の腰痛は85%!」と言い切る専門家は新しい情報を勉強していない。

腰痛説明
「原因不明の腰痛は85%!」と言い切る専門家は新しい情報を勉強していない。2012年に日本整形外科学会が発表した「腰痛診療ガイドライン2012」には,欧米の権威ある雑誌に発表された論文を引用し,「原因のはっきりしない腰痛(非特異的腰痛)が腰痛の85 %を占める」と書かれていました。この85%という数字は衝撃的であり、いろいろな本やテレビ番組で「整形外科医は85%の腰痛を原因がわからずに治療している。」、「でも私は99%原因がわかる」という話が飛び交いました。しかし、2019年に日本整形外科学会が発表した「腰痛診療ガイドライン2019」では、「85%という数字は、腰痛の確実な診断が必ずしも簡単ではないことを知ってもらうためであり, 一般の方々への教育であり、腰痛の確実な診断と治療法の選択が必ずしも容易ではないことを紹介したものであり、実際に一般国民への教育的効果があった。」と書かれています。その後、日本の整形外科専門医による腰痛の原因を詳しく調査した報告によれば,腰痛の原因の内訳は椎間関節性22 % ,筋・筋膜性18 % ,椎間板組織性13 % ,狭窄症11 % ,椎間板ヘルニア7 % ,仙腸関節性6 %などであった. 75 %以上で診断が可能とであり,診断不明の 、非特異的腰痛,逆に22 %に過ぎなかった(Suzuki H, et al. Diagnosis and Characters Pain Study. PLOS One 11: e0160454,2016)と書いています。だから、「原因不明の腰痛が85%だ」と言い切る専門家は新しい情報を勉強していない専門家だと思います。論文の解説:江坂の整形外科診療所 戸田整形外科リウマチ科クリニック院長 戸田佳孝